SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 直接の交わり | main | 気ままに対する警告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
二人が見た夢 (終わりの時代)
 
 リチャード兄のブログより転記 ぜひお読みください



「先日、K姉妹が不思議な夢を見たのだが、驚いたことに、彼女が見た夢と全く同じ夢を、アメリカから静岡の教会に訪問中のある伝道者も見ていたという。
その夢は終わりの時代の夢で、以下のようなものだ。

真っ暗な闇夜の中、向こうが見えないほどの巨大な船が海に浮かんでいた。
船の中は光一つなく真っ暗で、イエスを信じた大勢の人たちが、満員電車のようにぎゅうぎゅう詰めで乗っていた。
その船は風で動くのだが、風は全く無く、船は微動だにしない。
人々は不平不満を言い、その中から助け出すための多くの船が、その巨大な船に取り巻いていた。

巨大な船の中では、助けの船に乗り込もうと順番待ちしている人たちが大勢いて、その中にある母子がいた。
母親はこの状況は何かヘンだ、あの船に乗り移るべきでない、と思っているのだけれど、ついに乗る順番が廻ってきてしまった。
人々から「速く乗れ」と促されているのだけれど、強烈な違和感があり、乗り移りたくない。

その母は「主よ」と呟いて上を見上げた。
見上げた空中には、人々が好き勝手に投げたゴミがたくさん浮遊していたという。
浮遊していたゴミの中に、誰かが捨てた粗末な十字架があった。
彼女は「あっ、十字架」と言い、それに向かって手を差し伸べると、母子はふわっと空に引き上げられた。
それを多くの人が見ていたのだが、ある人たちは同じように十字架に向かって手を差しのべると空に引き上げられ、別の人は見ていながらつぶやく事を止めず、助けの船に乗り移ろうとする者もいた。

と、こんな感じ。

K姉妹は、それは世の終わりのクリスチャン状態を示している、と解釈した。

人々は皆、欲望のまま自分勝手な祈りを空中に向かって放り投げ、それらはゴミと化して空中に漂い、風も押し留められてしまう。
また、十字架さえも手前勝手にゴミとして放り出してしまい、自分で考え出した「救い」を作り出して、そこに群がり、飛びつく。
そして十字架に手を差し伸べる者は、実にに少ない。
少ないけれど、心から主の名を呼び、十字架に手を差し伸べる者は救われる。」
| 兄弟姉妹のブログより | 06:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:48 | - | - |
コメント
主の手にすがるのみ・・ですね (~~)
| 欠けた器 | 2010/06/23 7:56 AM |

こんにちわ、欠けた器さん

ただ一日一日十字架を求めること、これだけですね。


| candy | 2010/06/23 9:04 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/280
トラックバック