SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< いつか無くなる光 | main | 神の約束は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Nさんからのメール
 
  Nさんからの今朝のメールです
 耳で聞く聖書のマタイの福音書を聞いてメールをくださいました。
 

イエス様のお父さんは、大工さんなんだね私の親父も大工なの。今は知らないけど、昔は腕のいいマジメな大工さんだったのよ
なんだか急にイエス様に親近感が沸いてしまったよ(笑)。←単純なんだからッ

『神様』という遥かに遠いそんざいから、前よりも身近に感じられるよ今日
もよい1日となりますように…☆ではでは


 朝早くメールが届いたってことは、彼女はメールを打つのにとても時間がかかり休み休み打っているので、夜、一生懸命打ってくれたんだなって伝わってきました。

 先日彼女は、改めて「イエス様を本当に信じてるよ」と告白してくださいました。それは私から聞いて信じたということではなく、
 
 病に倒れてから本当にたくさんの人を通して注がれ続けている愛がいったいどこから来るんだろうとずっと求め続けていた。

 それで、まず神が愛してくださった、というかつて教会で聞いた御言葉の意味を

 これだ!神様の愛だったんだ!と、わかったから。・・と。

 
 彼女が通うディサービスは、自分以外のほとんどの方が痴呆症を患うお年寄り。

 それでも、Nさんが帰るときには決まってNさんの手を取ってぎゅーっと握り

 「気をつけて帰るんだよ〜○○ちゃん」と見送ってくれるという。

 Nさんは、お年寄りの方々は痴呆を患っていて何もわからなかったとしても、握り締めてくれるその手からは、なんとも深い愛が流れてくることを感じるという。
 
 この世には目に見えない大切なものがある。ずっとそう感じていたそうです。

 
 主は素晴らしいですね。

 多くの痛み苦しみを通して、豊かにNさんを導いてこられた主の御手を深く思います。

 開かれた心に、それはまるで軟らかな土、耕された土の上に蒔かれる種のように御言葉が彼女の内に入ってゆく。


 たとえば、

 「主イエスを信じなさい、そうすれば、あなたもあなたの家族も救われる」と聖書に書いてあるよ」と家族の救いが聖書に約束されていることを分かち合ったとき、彼女は

 「家族も救われるの?!あぁ〜よかった〜!!」

 と、嬉しさと同時にほっとした表情を浮かべた。

 まるで幼子がおかあちゃんの言っていることを疑わずに聞いているみたいだった。

 
 主はご自身の住まいとして生まれる前からNさんを選び、救いに導き、
そして、いのちを豊かに受ける者としてくださった。

 通ってきた苦しみの数々が、彼女の心を深く耕し、柔らかな土、豊かな土壌へと、ただ主ご自身で導いて下さった。

  

「 聖書ってとっても面白いのよ^^って思わずヘルパーさんに言ってしまったわ」

 「仏教とだから!」と即拒否られたけど^^・・と昨日話してくれた。

 
 
 Nさんは毎日、自宅の窓を開け、空に向かって

  「 おとうさん・・ ^^」
 
 と主にお祈りしているそうです。

 

「そして、あなたがたは子であるゆえに、神は「アバ、父。」と呼ぶ、御子の御霊を、私たちの心に遣わしてくださいました。 」

   
    ガラテヤ4:6
 
  

 


 
 
 
| | 07:02 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:02 | - | - |
コメント
さっちゃん、おはよう。

昨日は忙しい時に、ご主人様を差し置いてまで、おつきあい下さり、感謝です。伝えたいことは山のようにあっても、私が話し下手なせいか、電話では無理ですね。

ひょっとすると、会ったら喧嘩になっちゃうかも知れないけれども、でも、さっちゃんの顔が見たい(笑)。恵美姉妹のもとで会って以来ですから。

私が愛知県へ向かいます。富士へ行った時のように、鈍行でそちらにたどり着けるのでしょうか?

沢山、美味しいものを食べましょう。心行くまで話しましょう。温泉があれば、足湯でもしましょうか。就職したら、簡単にそちらに行けないかも知れないので、暇な時があれば、ぜひ教えて下さい。

こちらの財政状況は極めて良好ですので、遠慮は禁物です。それでは!
| ビオラ | 2010/06/18 3:29 AM |

おぉ、横浜から名古屋まで鈍行は無理そうじゃが、高速バスという手があったY。料金も手頃そうじゃて。
| | 2010/06/18 4:22 AM |

おはよう(*´∀`*)ゞ ビオラさん♪

まぁ!!わざわざ会いに来てくださるなんて、なんて素敵なサプライズ!!

高速バスとはいえ、結構バスの旅はキツイですよ。
でもとっても嬉しいです。
会って顔と顔をあわせて交わる、これが一番ですね。

喧嘩になっちゃう?
私のふがいなさに怒らせてしまうことはあるかもしれませんね^^笑 いつもビオラさんの言葉は私の心に一石を投じます。
そのような姉妹が与えられていることに、ただ主の前に嬉しく思っています。
 そして、名古屋に来てくださると聞いてから、朝から心が躍り、神の愛が溢れて来て、不思議と涙が出てしまいました。どんなに姉妹のことを主が愛してくださっているのか、ただ主から流れてきて・・・。主に感謝します。
 日にちなどまた詳しいことはご連絡させてくださいね。


| candy | 2010/06/18 7:13 AM |

一石どころか、少なくとも十石は投じているでしょうね(笑)。それでも、受け入れて下さる姉妹の心意気に感謝です。投石…なんて、寒いジョークを言っている場合ではないか。

地上で名もない無力な2、3人が、主の御名によって集まる時、そこから主は、必ず何かを起こされると、信じています。神の命は、常に私たちの希望が焼き尽くされて、灰になったところから、始まります。だから、今回は大いに期待して良いと思います。

主を信じる者たちを通して、主が栄光をお受けになりますように。ハレルヤ。
| | 2010/06/18 10:27 AM |

ビオラさんへ

>主を信じる者たちを通して、主が栄光をお受けになりますように

アーメンです。

主人に一日の自由をいただきました。土曜日なら♪
ビオラさんの都合はどうでしょう。
26日もしくは7月3日・・バスの予約もおありかと存じますので、また教えてください。

ところで、コメント、ずいぶん早い時間?いえ、遅くまで起きて??
あまり無理しないでくださいね^^夜更かしはお肌の大敵ですよ(*´∀`*)ゞ
| candy | 2010/06/18 10:22 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/274
トラックバック