SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< Nさんの内におられる主 | main | 雨上がりに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まことの成長
  

 ゆっくりと段階を追って成長し、完全になるというのが自然界の法則である。このやり方によってのみ、人は創造された目的に向けて準備できる。

 突然の、急な成長は、自分を弱く不完全な状態にするだけである。

 ラップランドには、2,3週間で育ってしまうオート麦があるが、6ヶ月かけて実をつける麦ほどの栄養はない。

 竹は驚くべき速さで育ち、ついには数十メートルにも伸びるが、中は空洞だ。完全になるにはゆっくりとした成長が必要である。



   http://candy0728.blog82.fc2.com/
| - | 07:34 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:34 | - | - |
コメント
病気で人間もそんな方が印度とかにいますよね。
子供の頃は早く大人になりたいと思いましたが、いざ大人になるともっと子供のままでいたいなどと・・・・。
どっちなんだ?! みたいな(笑)。
| エシュコル | 2010/06/16 8:06 AM |

エシュコルさんへ

>病気で人間もそんな方が印度とかにいますよね

???

ごめんなさい、よくわからないのですが・・汗

| candy | 2010/06/16 8:36 AM |

えっ?! 知りませんか。わずか十数年で寿命が尽きてしまう少女をテレビでやっていました。
とにかくゆっくり身に付いたり成長する方が確実なようですよね。
| エシュコル | 2010/06/16 10:46 PM |

エシュコルさんへ

プロジェリア症候群のことを言って見えたのですね。普通の人の10倍のスピードで老化が進んでしまう病のことでしょうか
いろんな番組で、プロジェリア と戦う
少女 の姿を、特集で報じられていました

でも彼女が発した言葉を読んだことがありますが、
彼女の言葉によってたくさんの人が励まされ、教えられ、短い生涯であっても、内面的には成長した素敵な大人の女性でした。アシェリーという方です。


サンダーシングの言葉は、人として完全に至るまでの霊的な成長のことを言っていると理解しています。^^
| candy | 2010/06/16 11:25 PM |

やはり御存知でしたね。
むしろ障碍者や弱者と見られる方々から、本当に色々学ばさせてもらっている事の方が多いと思います。
| エシュコル  | 2010/06/17 7:44 AM |

エシュコルさんへ

>むしろ障碍者や弱者と見られる方々から、本当に色々学ばさせてもらっている事の方が多いと思います。

これ、これなんです。

でも実は、外側から見ている、眺めているだけでは、本当の意味でいのちの輝きに触れることはできません。

マザーテレサという人は、貧しい人々の中に自ら入ってゆきました。しかし、そこで見たもの、触れたものは貧しい人々の中におられるイエスご自身のいのちでした。

自ら同じ場所に入っていくことによってのみ、触れることができるいのち、それによって実はこちらが何十倍もの祝福を受け取るのです。
これは外側からではわからない隠された宝のようなものです。
| candy | 2010/06/17 9:50 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/271
トラックバック