SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 法則であって祈りではない | main | まことの成長 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Nさんの内におられる主




 「寄席植えに 雨粒残る 紫陽花と

    虹架かりたる  水無月の空」



  「気が付いた 「幸せ」なんて 簡単だッ♪

     あなたの笑顔に満たされる日々 」


 
   Nさんがディサービス内のたよりに投稿した川柳です。



       
   
 Nさんに日々触れてくださる主を賛美いたします。

彼女が握っていたものを日々手放すように導かれる主。

ここ数日の間、彼女が手放していったものです。




 3歳で母親と死別してから当たり前のように毎日母親の仏壇に手を合わせてきたが

主が触れてくださり、仏壇に手をあわせることはしなくなりました。


痴呆のひどかった祖母の介護を押し付け失踪した父と、
叔母をひどく恨んで過ごしてきたけれど、
すべてを赦すことを決心したことは以前にも書いたが

その後、なんと彼女は、叔母さんの前でそれを告白し、

そしてそのときの様子を

私に打ち明けてくれた。

叔母さんにはNさんに

「あっそっ、」 とひとこと。

おまけに彼女のトイレ介助をするさい、

おばさんはNさんを強く突き飛ばし。
Nさんは頭を壁にぶつけてしまった。

自分はおばさんの荷物になっておばさんを苦しめているから、
おばさんのために死んだほうがいいのかな・・・。
と彼女は思いつめてしまった。

しかし、
「あなたがたは神の神殿であり・・」

の御言葉が彼女を照らし、

自分の体が神の家とされていること、
この体は自分自身のものではないことを知り、

主の前に一人心からNさんは悔い改めた。

「お父さん、死のうと考えたことを・・・、

この体はあなたのおうちなのに、この体を傷つけようとしたこと・・・ごめんなさい。」


と祈ったよ、おばさんのことは神様にお任せして、

もう死のうなんて考えないよ^^、とNさんは笑顔で言った。



日々Nさんを導いてくださる主、

彼女の御言葉を素直に受け入れ信じる姿に
私自身が感動し、教えられています。

Nさんの内におられる主を褒め称えます。



 

| | 10:04 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:04 | - | - |
コメント
「寄席植え」って、何ですか?
| エシュコル | 2010/06/16 8:11 AM |

エシュコルさんへ

写真をアップしてみました。こんな感じで植物を寄せ集めて植えてあるものを言います。

紫陽花の花の寄せ植えを見て、Nさんが歌った詩ですよ^^
| candy | 2010/06/16 8:33 AM |

こんにちは(^^)
とても素敵な寄せ植えですね★
だ〜いすきです^^
風邪でダウンしてましたが、写真とお証しを読んで
元気上昇しました(^^)/
ありがとうございますm(__)m
| りぼん | 2010/06/16 3:59 PM |

りぼんちゃんへ^^

こんにちわ〜(*´∀`*)ゞ
この時期、なんだか肌寒かったり、暑かったり体調崩しやすいですものね。もう大丈夫なのですか??
どうぞ無理しないでゆっくり休んでくださいね〜

お弁当、おこげにめげずまたアップしてくださいね♪
味玉、私も挑戦してみようと思います^^
| candy | 2010/06/16 10:16 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/270
トラックバック