SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 癒しのひと時 | main | Nさんの変化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
清い心とは
 清い心と悔い改め

                「みことばざんまい」より


 詩篇24編4節

マタイ5:8の関連聖句をみていきます。

新改訳欄外注及びbiblos.com, cross References参考。

英語の方が分かりやすいので、英語訳を提示します。

詩篇24:4
He that hath blameless hands and a pure heart;
who lifteth not up his soul unto vanity, nor sweareth deceitfully:
(Darby)

‘heart’と訳された単語はלבב(レバーブ)で前回登場した לב(レブ)と姉妹語。

マタイ5:8
Blessed are the pure in heart, for they shall see God.

心が清い(純粋である)者は神に目が向くだろう(これを悔い改めといいます)と書いています。

心が清い(純粋である)とはどういうことか。

先の詩篇を参照にすると、

He who lifteth not up his soul unto vanity, nor sweareth deceitfully

言い換えると、己の魂を空しく持ち上げ、欺きの念を唱える者には救いはない(5節)。

己れの魂に目が向かないことが清いということ。

己れの魂に目が向かないので、神に目が向き、悔い改めることができる。

関連聖句をもう一つ。

詩篇51:10
A clean heart prepare for me, O God, And a right spirit renew within me.
(YLT)

‘heart’はもちろんלב(レブ)で、‘prepare’と訳された単語はבּרא(バーラー)、この単語は創世記1:1に登場する動詞と同じで、意味は「創造する」。

ですから

KJV、Darby、Websterなどのように

詩篇51:10a
Create in me a clean heart

とした方がはっきりします。

視線が神を向いている(悔い改めている)からこそこういう祈りができる。


清い心を創造するのは、私ではなく神です。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・


      
> 心が清い(純粋である)とはどういうことか。

      己れの魂に目が向かないことが清いということ
   
               アーメンです。

 
| 兄弟姉妹のブログより | 22:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |
コメント
私は基本的には常に魂に目がいってます。
そしてあまりのおぞましさに驚愕して、
主よ・・・
こんなの出てきた・・・!
振り返ると
あのお方は、
うん、うん、うんと
ゆっくりうなづいておられるので、
安心して
忘れていってしまいます。
| 薔薇子 | 2010/05/28 2:28 PM |

薔薇子さんへ

>私は基本的には常に魂に目がいってます

同じです。

ふと、どうしたらよいかも分からなくなるほど、混乱したりするときもあります。
でも、そのときあの方の優しい御声が羊を導く羊飼いのように引き寄せてくださいますね

ただイエスを見る、それがあらゆる必要の一切を満たしてくださることの鍵ですね

>安心して
忘れていってしまいます

アーメンです。
| candy | 2010/05/29 6:27 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/251
トラックバック