SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 聖徒のしるし | main | もはや私ではなく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あなたは生ける神の御子キリストです
 昨晩、おむかえの猫ちゃんのさかり??

一晩中鳴き続けていた。横になってはいたものの眠れずにいつの間にか朝。

何とか夫や子供たちを送り出し、その後ぐったり。まるで重力に逆らえなくなったかのような倦怠感の後、吐き気

しばらく休んでようやく楽になった。

いやはや、今夜も鳴いてくれるのだろうか??


      

 
 先日の日曜日の御言葉が、心にこだまする。

 「人々は人の子を誰だといっていますか。」彼らはいった。

 「バプテスマのヨハネだというひともあり、エリヤだという人もあります。またほかの人たちはエレミヤだとか、また預言者の一人だとも言っています。

 イエスは彼らに言われた。

 「あなたがたは私をだれだと言いますか。」

 シモン・ペテロが答えていった。『あなたは生ける神の御子キリストです。』

 するとイエスは、彼に答えて言われた。バルナバ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは、人間ではなく、天にいます私の父です。」
  

    マタイ16:13〜


   生ける=バプテスマのヨハネやエリヤ、エレミヤ、預言者のような過去の人物ではない、ここに、今生きて働かれている、リアリティをもって臨んでいる方であるということ

 神の権威、油注がれた王の権威を持つ全能なるの神の子、救い主なるお方。

 そして、この会話が普通の、普段の会話の中で交わされたものであり、

 普通の、普段の生活の中でリアリティをもって臨んでくださっているお方であるということ。

 このことを明らかに示してくださるのは人ではなく、天の父である

 「あなたはわたしを誰だといいますか」

 この問いかけが、まるで、
 
 「あなたは私をどのようなものとして信じているのか」、と

 私に向けられた主の言葉として内側に流れてきた。


  「あなたは生ける神の御子、キリストです」

 この言葉が光となって、どのような方として信じているか私の内側を照らした。

 剣のように切り分ける御言葉の前に、私のたらなさを痛感した。

  御言葉と祈り=交わりの中で天の父は示してくださる。
 
 溢れる思いが涙となって零れた。

     「主よ、あなたは生ける神の御子、キリストです。」
 

  

  

 

 

 

 
   
| - | 10:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:58 | - | - |
コメント
これ知ってますか???つかれ酢っていうお品ですが、私の愛用品なのです。candyさんに合うかどうか分からないのですが、私は酸っぱい軽が好きなので毎日飲んでます。ご存知でしたら(*^^*)リボンニュースという事で(^^;)聞き流して下さい(笑)

http://www.tsukarezu.jp/
| りぼん | 2010/04/27 2:22 PM |

りぼんさんへ^^

すっぱいものだ~いすきなんです(人´∀`).☆.。.:*・
ありがとうございます。
色々あるんですね!お試しからチャレンジですね^^
| candy | 2010/04/27 10:44 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/219
トラックバック