SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 礼拝は素晴らしい主との交わり | main | 聖徒のしるし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
接骨院で
 
 昨日、学校から帰るなり、両膝が痛いと息子が言うため、いつも行く接骨院へ連れて行った。

骨盤が緩んでおり、おまけに以前、転んだときに尻もちをし、骨盤が歪んだ状態なってしまっていたらしい。緩んだ骨盤の変わりに体を支えようと足腰に負担がかかり、ちょっとしたことでひざや腰に炎症が起こり、お尻と太ももの筋肉がパンパンに張っていた。

 自転車通学をするようになり、サドルにおされてさらに骨盤が緩んだため、足に負担がかかっているのだと。

 骨盤を閉めるために歩行と治療の両方が必要とのこと

 しばらくは接骨院通いです。


 
 この接骨院は、昔から家族ぐるみでお世話になっていて、ユーモアに満ちた先生とは冗談話に花が咲くほど親しくさせていただいていた。

 腰を痛めたとき、足をくじいた時と、まだ小さな息子を連れて本当にお世話になった。
 

 そんな先生が久しぶりに息子を見て、待合室で一人待つ私のところに話に来てくださった。

 「息子さん以前と違って、ずいぶんと明るくなったね!前は何も話せなかったよね」

 と実に嬉しそうに話しかけてくださった。心配していてくださったことを改めて感じて、嬉しくなった。

 この春から通いだした学校のことなど話し、バスケット部へ入部を希望していることなどを話した

 「自信がついてきたことによって、運動する意力も出てきているので、ぜひさせてあげてください。腰が落ち着けば、もっと運動ができる体になりますよ。」

 と、先生が言ってくださった。


 
 ここ最近の息子は、本当に生き生きしている。

 学校でのことを本当に楽しそうに話をし、学んだばかりのことを家で話をしてくれる。

 クラスの室長に立候補したり、ものすごく積極的になってゆく息子の姿が、毎日のように見て取れる。

 しかし、息子の学校は面白い

 すべてが就職に向けて備えられ教えられてゆく。

 朝は、まず登校してきたらタイムカードを押すのだ。一日の初めは1時間の運動が待っている。

 授業での作業を覚えるために、メモを持たせ、それを記録することや

 仕事の日報を書けるようになるために、宿題の中にはその日の出来事など毎日、日記をつけさせられる。

 農業の授業もあり、今日は人参の収穫作業をしてきたようだ。

 人参の葉を持ち帰ってきたので、さっそく油いためを作ったら、野菜嫌いな息子が、うまいうまいと喜んで食べていた。

 金曜日は授業参観がある。息子が楽しいといっていた授業。

 いったいどんな授業を受けているのか、今から楽しみだ。

  主が導いてくださった学校で、息子が成長してゆく姿を見ること、

 日々深い喜びが溢れてきます

  ハレルヤ!です!

 

  

 
| 喜び | 22:36 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - |
コメント
息子さんが自信をつけて明るくなっていかれる様子、我がことのように嬉しく感じます。本とノート中心の学びだけでなく、生活に必要なことを一つ一つ教えてくれる学校って、いいですね!
それにしても、登校してからタイムカードとは、びっくり!

私もそうでしたが、困難を抱える人は、後になっていただく主からの恵みもより大きいのだと信じています。主がこれからも彼と共におられ、必要な全てを学ばせて下さいますように。健康が守られますように。
| ビオラ | 2010/04/22 12:41 PM |

はい。主のレールに乗ってしまえばこっちのものです。
トンネルの闇も、逆巻く大川の鉄橋も、面倒を見て下さいます。
ハレルヤ!
| ムベ | 2010/04/22 1:51 PM |

腰のことは痛かったことでしょうが、
生き生きして、元気に楽しく過ごされているの本当に感謝ですね。
僕ももう2,3年前になりますか、自転車通勤をしていて、
腰を痛め、4日間立てなかったことがありました。
その後、ストレッチ、筋トレに励み、また、
自転車に乗りながら、できる腰痛予防体操を自分で考案しました。
その後、再発することもなく、
今は、暖かい日は自転車通勤できています。
息子さんも今回のことで、より自分の体をメンテして、
いっそう心も体も健やかに育だっていかれることでしょうね。
ハレルヤ。
| meek | 2010/04/22 9:42 PM |

ビオラさんへ^^

そうなんですよぉ〜社会人として自立してゆくことを目標に教育されてゆくわけですから、生活に密着していることばかりなのでありがたいです。

毎日担任の先生と母親とで、連絡帳ならぬ、交換日記もしているんですよ^^幼稚園でさえ、こんなに先生と親しくなるほど話はしません。
学校での様子も手に取るよう伝わってきます。
実に細かく目が行き届いていることもよく分かるんですよ

人と人とのふれあい、教育の原点がここにある、と入学式の来賓の方が挨拶の中で言ってみえましたが、なるほど!です。

| candy | 2010/04/22 11:08 PM |

ムベさんへ^^

>トンネルの闇も、逆巻く大川の鉄橋も、面倒を見て下さいます

アーメン!!アーメン!!主は本当に真実なお方ですね!

主の真実を知る恵み、嬉しくてたまりません!
| candy | 2010/04/22 11:11 PM |

meekさんへ

ありがとうございます。腰痛は本当につらいですよね^^私も経験済みなので、よ〜くわかります。

今のところ、自転車は極力立ち漕ぎ(サドルに腰掛けずに)で通学しています。
今日は接骨院で、意外と早い回復振りに「思ったより回復が早いから、バスケット部でがんばれるぞ!」と先生に言われたようで、喜んで帰ってきました。

 毎日が楽しい、息子がそう思える学校に導いてくださった主を褒め称えます!
お祈り感謝いたします。
| candy | 2010/04/22 11:19 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/217
トラックバック