SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 聖書は | main | 礼拝は素晴らしい主との交わり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
主よ^^感謝します
 以前、体に重い障害を持ちながら、透析をしている女性のお話をブログで書いた。

父親からひどい言葉を言われたと、看護士に話していたNさんだ。

私とは透析室に入る時間が違うので、朝と帰り、声をかけることだけで、話をするとまではいかなかった。

それでもなんとか声をかけ続け、いつか話ができたらと思った。

はじめは私を警戒?しておられるように見えたのだが、

先日、看護婦さんが帰りがけに教えてくださった。

 「車椅子のNさんがあなたの名前を聞いてきたわよ。 

 いつもやさしく話しかけてくれる^^って」

 その日は透析後、定期のレントゲン撮影があったので、更衣室の前はたくさんの患者さんが並んでいた。

 レントゲンを終えて帰ろうとしたとき、車椅子の彼女とばったり!

 そして、なんと彼女のほうから私の名前を呼んでくださったのだ(人´∀`).☆.。.:*・

 「まぁ!名前を覚えてくれたの?嬉しいっ!」

 レントゲンの順番を待っているところだったので、それ以上お話はできなかったのだけど、

 透析の疲れも吹っ飛ぶほど、嬉しかった。

 
 今日、いつものように透析が終わって更衣室で着替えていると、彼女の方から帰られる前にわざわざ更衣室に訪ねてこられ、話しかけてくださった。

 Nさんは今は、家を出て(ヘルパーさんの助けを受けながら)一人で暮らしている事を聞いた。

 重い障害を抱えながら透析しているとは思えないほど、底抜けに明るく、

 彼女と話をしているだけで、私のほうが、元気付けられ、励まされてしまった。

 
 主がさらにNさんに近づけさせてくださいますように!

 主がどんなことを用意してくださるのか、ますます楽しみです!
 
 
        

 
 
| 恵み | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/214
トラックバック