SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 神の偉大な「べからず」 | main | どんなに深い穴の中でも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
たとい死の淵を歩むことがあっても
 リチャード兄のブログにお勧め映画の「隠れ家」のことについて触れさせていただいたのだけど、

恵美さんとの交わりを思い出した。

コーリー・テン・ブーム「わたしの隠れ家」原作 実話を元に製作された映画なのだが、

主は必要なときに、必要な慰め、力を備えてくれていた。

 恵美姉妹は、交わりの中で語ってくださった。

 「死を前にしたとき、それはどんなに苦しいことか・・そのことに対する恐れがあった。

 でもコーリーの証によって、非常に励まされました。」


 以下はコーリーの証。



「刑務所の医師は肺結核の可能性を恐れ、私を独房にいれ、隔離することにしました。他の収容者が感染しないようにするためです。

 あの時、私は人生で初めて本当の孤独を味わいました。私の命も侵略者の手中にあったのです。殺されるか、拷問にあうか そのまま放って置かれるのか、知る術もありませんでした。

 夜は厚い壁を通し 遠くで爆音が鳴り響くのが聞こえ、ゲシュタポの拷問による悲鳴も聞こえました。

 地獄絵図を見るようでした。私が歌うと守衛が扉をたたいて止めました。闇の監房に入れられるときも脅され・・・闇の監房では水の中で立たされるのです。時の流れは遅くなり、耐え難いものになります。いつ彼らが私を連れにきてもおかしくない状態でした。

 独房の外で足音が聞こえるたびに「私を拷問にかけるの?私を殺すの?」と思いました。

 ある日独房の壁を背に立ちすくみ、あまりの恐怖にいたたまれず、壁を押しのけられたらと手を広げました。


  
   「主よ、私には試練に耐える力はありません。信仰心も強くありません。」

 すると何日か前から見かけていた蟻を見つけました。

 濡れた布で床を拭くとその水滴を感じた蟻は、壁にあいた小さな穴にあわてて駆け込んでいきました。濡れた布も自分の足の細さも気にする間もなく、隠れ家に一直線。

      「 コーリー。

   蟻の足のようなか細い信仰心を気にするな。

      彼らの残酷な所業のことも考えるな。

      わたしがお前の隠れ家だ。

      壁に隠れた蟻のように

      お前も私に隠れればいい。」

 それを聞き、初めて心が安らかになりました。



 
   その時、恵美姉妹にとって病から来る苦しみそのものが
「彼らの残酷な所業」そのものであり、
それに耐える自信がないと叫び求めたコーリーの祈りが姉妹の思いと重なったのです。

  
  「蟻の足のようなか細い信仰心を気にするな。

      彼らの残酷な所業のことも考えるな。

      わたしがお前の隠れ家だ。

      壁に隠れた蟻のように

      お前も私に隠れればいい。」

   

 それ以来、「主の中にいればすべてOK!」と何度も語っておられた姉妹が心に深く残っています。

  主がどんなときであっても、わたしたちの隠れ家であることを思い起こさせられることは、本当にすばらしい恵み、励まし、力となることを感謝いたします。
  
 またDVD見たくなりました。

 コーリーの証については旧ブログにて触れています。


  http://plaza.rakuten.co.jp/hidamariroom/diary/?ctgy=10
| 恵み | 07:51 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:51 | - | - |
コメント
ご紹介ありがとうございました。
シンドラーのリストも考えさせられる映画でしたが、そちらもなかなかですね。
後ほど住所入りのメールをさせていただきますね。
| リチャード | 2010/04/02 1:26 PM |

リチャードさんへ

 映画の中では、具体的な神のみ声などについては触れられていません。コーリーの本を読んでから見られると、あぁ、ここの場面で主が語られたのだな・・、ということがよくわかります。

おまけを一緒に同封させていただきます。お楽しみに^^
| candy | 2010/04/02 10:55 PM |

candyさん
ありがとうございます。
ただ、、、すみません。メールアドレスが分かりませんでした。
以下のアドレスへ一度メールを入れていただけますでしょうか。
ephes_03-r at yahoo.co.jp
※atを@に変えて下さい
| リチャード | 2010/04/03 12:19 AM |

ありがとう
御飯 たべられそうです。
土曜の夜 誰かに電話も出来ず 
でもここで主に触れて引き戻されました。 
| イチゴ | 2010/04/03 8:48 PM |

イチゴ姉さま

 主を褒め称えます。

 「隠れ家」本当にすばらしい映画ですよ^^お楽しみに♪

 
| candy | 2010/04/03 11:07 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/202
トラックバック