SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 迫害を受けるときのふるまい | main | 癒しの時間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お知らせ・・追記あり
 サンダーシング

「天界の異象」から、「霊界物語」へと入りました

 ぜひお読みくださいませ

http://candy0728.blog82.fc2.com/

          

                サンダー・シング


  追記:


  高原さんのブログから、いただいたコメントを見てなんだかとっても嬉しくなってしまったので、こちらでも載せさせていただきます。

サンダーシングは以前来日している。その様子とサンダー・シングの日本に対する言葉を、また透析から帰ってから少し触れたいと思います。



candy さんへ。
今日図らずもインドのクリスチャンがメッセージを取り次いでくださいました。彼のおじいさんは12歳の時にサンダーシンクの路傍伝道で救われました。神秘主義的なメッセージも多いですが聖書にこだわる私も好きです。ひらめきの糸口を幾たびもらったことか。ブログに訪問させていただきました。素敵なhpですね。これから寄せていただきます。

Re: Re: 無題 :

> candy さんへ。
> 今日図らずもインドのクリスチャンがメッセージを取り次いでくださいました。彼のおじいさんは12歳の時にサンダーシンクの路傍伝道で救われました。神秘主義的なメッセージも多いですが聖書にこだわる私も好きです。ひらめきの糸口を幾たびもらったことか。・・

びっくりです!でもとっても嬉しいびっくりです♪
私もインドの兄弟のメッセージお聞きしたかったです;;
サンダーシングの本との出逢いから、もう十年以上にもなりますが、いろんなところを通らされてからでしょうか、・・・彼が残したメッセージ、まるで理解していなかったことを感じております。
確かに神秘的な部分はとても多いのですが、
でも、最近思うのです。
天の御国、それは人の目からは隠されていますが、神秘に満ち満ちた所であり、人の理解など及びもつかない、神の圧倒的な臨在が何物にもさえぎられることなくあふれ満ちるところだと。
霊のことは霊によって理解されるというお言葉のごとくに、
霊であられる方そのものによって存在する御国の世界も、霊によってのみ理解するところ。
この地上にあっては、鏡のようにぼんやりと、まるで影絵のように少しずつキリストの霊と共にある信じる者の内に投影され、映し出されて行くように思うのです。

そして、なにより愛する方々を天に見送るほどに、御国への思いが、慕わしいほどとなってゆく不思議さを感じています。帰るべき故郷がある、そこには再会すべき愛しい人々、家族がいる。それこそが、故郷そのものであり
この世の別れが深い悲しみを伴っていればいるほど、主の御前での再会の喜びはどんなに深く、感動的なものとなるでしょう!

天に宝を積む・・という御言葉は、もっと深くて広い・・そう思えている今日この頃です。なにより家族は主が賜ってくださった宝ですから^^


 
| ひとこと | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/196
トラックバック