SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 「十字架と解放」より | main | 彼の死に同形化される >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
受験
 2月3日

 いよいよ息子の受験日

 普通の受験とは違い、丸一日かかる。親も子もお弁当持ち、受験を受ける子供とは一日別行動。

 朝8:20から始まって遅ければ夕方の4時過ぎまでまるっとかかる。せめて面接の時間帯が早く終わればもう少し早く帰れそうだが。

 終わってから、大急ぎで夜間透析へ向かわなければならない。ハードな一日になりそう。

 まだ入学は決まっていないにもかかわらず、

 最近の息子は、この学校に入学した後のために体力作りをしている。近くの無料のトレーニングルームに通って、ついてゆけるような体作りを始めた。

 入学しようとしている学校は、働くための体力作りに相当力を入れている学校で、入学して半年の生徒はとにかく、体力的についてゆくのがやっと・・の生活になるらしい。

 それでも息子は入学したいと言っていた。

 「一緒に祈ろう」

 と祈った。どう祈っていいのか分からない息子は、力強く「アーメン!」と言った。




  昨年息子が起こした大きな事件から、はじめは考えてもいなかった道が開かれていった。

児童相談所で高等養護という学校の存在をはじめて知った。普通の養護学校とは違い、軽い知的障害の子が、職業訓練を徹底的に受けることができる学校だった。

 この学校を受験したいと願い始めた時、色々な壁にぶつかった。

 中学の教頭から名古屋市の方針で、遠まわしに普通学級から養護学校への進学はしていないし、進学できる学校へ転校してからに・・と言われた。障害者は障害者の道に・・あきらかに道が違うということを見せ付けられた瞬間だった。

 中学に入学してやっと話ができるようになった息子。それも、3年生になって学校が本当に楽しいと言っていた。合格するのかどうかも分からない学校を受験するために転校し、もし不合格だった場合は、当たり前のように決められた養護学校へ行かなければならない。その線引きが腑に落ちなかった。

 中学校へ足を運び、何とか転校せずに受験させてもらえないかと、願った。

 もし、受験して不合格だった場合、名古屋市のそのほかの養護学校へは入れませんよ。と付け加えられた。

 それでも受験したいという息子の気持ちは変わらなかった。

  一次審査は合格だったのだが、2次が本番。

 入学希望者が殺到していると聞いているが、
  今後のすべては主に委ねます。

 息子が平安の内に、2月3日の受験日に臨むことができますように・・。

 
 
 
 

 
 
 

 
| 息子のこと | 07:09 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:09 | - | - |
コメント
息子さんの強い意志に感動しました。

私は、人間的には絶対無理であることがわかっている時に、遠方(奈良から筑波)に息子と受験に行ったことを思い出しました。
息子を完全に主に差し出してのことでした。

二人で余裕もないのにホテルに2泊しての受験でした。
しかし、主はすべての必要(経済的にも息子の能力的にも)備えてくださいました。
「主の山に備えあり」そのみことばが杖でした。

子供を主にお委ねするとき、その面倒は永遠にみてくださることを、私は信じております。

今、息子さんをそのように奮い立たせ励ましておられるのはイエスさまですね。
息子さんの願いに併せて、私もお祈りしています。

| ムベ | 2010/01/30 4:01 PM |

ムベさんへ

お証を心から感謝いたします。

>息子を完全に主に差し出してのことでした。

アーメン、アーメン。

>面倒は永遠に。ハレルヤ!

明け渡してゆく時、主の真実を知る。

お祈り感謝します。
| candy | 2010/01/30 10:19 PM |

いよいよですね。お祈りしています。

息子さんの力強い「アーメン!」に励まされます。

「神の約束はことごとく、この方において『しかり』となりました。それで私たちは、この方によって『アーメン』と言い、神に栄光を帰するのです」(IIコリント1:20)

「アーメン!」

| meek | 2010/01/30 11:58 PM |

障碍に負けず頑張っておられる息子さんをお聞きして、またcandyさんの証詞を見させていただき、本当に励まされます。
陰ながら祈らせていただきます。
| エシュコル | 2010/01/31 11:08 AM |

お二人のご健康が守られて、無事に試験を終えることができますように。
| クマ郎 | 2010/01/31 3:50 PM |

meekさんへ

教育相談から今日に至るまで、キリストにあって祈り支えてくださったことを、心から感謝しています。

第二コリントの御言葉、アーメンです!
励まされます。

ただ主の御名があがめられますように、このお方を一心に見つめながら・・。
| candy | 2010/01/31 11:23 PM |

エシュコルさんへ

お祈りを感謝いたします。主の御名が褒め称えられますように!



クマ郎さんへ


お祈り感謝いたします。
緊張が丸一日続くので、終わったら本当にホッとするでしょうね^^
無事に・・アーメンです。感謝いたします。
| candy | 2010/01/31 11:33 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/149
トラックバック