SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< emi姉妹の病院へ | main | ナイスなノリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第二の幼児期へ

    


 
    私たちは恐れに満ちた人々です。対立、戦争、不確かな未来、病気、そして何よりも死を恐れます。

この恐れは私たちの自由を奪い、
脅迫や約束によって社会が
私たちを巧みに操る力を与えてしまいます。

私たちを愛してくださるお方に信頼し、恐れを乗り越える時、
抑圧や迫害、そして死さえも
私たちの自由を奪うことはできません。

一旦この深い内的な知識
〜それは頭よりも心の知識〜
に到達したとき、すなわち私たちは愛によって生まれ、
愛のうちに死に、
私たちの存在そのものが愛に深く根ざしている
ということを認識したとき、

すべての悪、病気、死は究極的に力を失うと同時に、
痛みは伴うが希望に満ちた
真実の※聖なる幼児期を思い出させてくれるのです。

 使徒パウロは、神の子の完全な自由の経験を
次のように表現しています。

 「わたしは確信しています。死も、いのちも、天使も、
支配するものも、現在のものも、未来のものも、
力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、
他のどんな被造物も
わたしたちの主キリスト・イエスによって示された
神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」

          ローマ8:38,39

  
 ※聖なる幼児期   新しい依存性 完全なる神への依存

  「人生最初の20数年間、わたしたちは両親や先生や友達に依存しています。さらに40年後には、前にもまして人に頼るようになります。若ければ若いほど、生きるために多くの人を必要とします。年を取れば年を取るほど、やはり生きるためにもっと多くの人を必要とします。人生というのは、依存から依存へと生きるものです。
それは、かいばおけから十字架に至るたびをすごしたイエスを通して神が示された神秘です。周りのすべての人に完全に依存する状況に生まれたイエスは、他人の行為や、決定の犠牲者として死んでいきました。彼の旅路は、第一から第二の幼児期へと移行するものでした。幼児として生まれ、幼児として死んだイエスは、私たちが自分の幼児期を何度も取りもどし、イエスと同じように、私たちも死を新しい生命に変えられるようにと生きてくださったのです。・・・・」

| ヘンリーJ.M.ナウエン | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/134
トラックバック