SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< あなたがなすべきこと | main | 一つ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
弱さの中で
 昨日は礼拝の司会の奉仕があった。

ところが、朝家を出るときから体がだるい。

教会までは約一時間。ようやくついたと思ったら、歩くのもえらい。

気持ちが悪くなりそのままトイレへ。

礼拝はAM10:15から。もう開始時間がきていた。

主よ・・・と叫びながら、わたしの頭は真っ白になった

このまま代わってもらおうか・・とも考えたが、

弱さの中にとどまることを通して

「こうして、死は私たちのうちに働き、いのちはあなたがたのうちに働くのです」

「もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」


という御言葉を思い出した

インマヌエルなる方がともにいてくださる。

そう深く感じながら、少し遅れて前に立った。

やっと、前に立ったという感じで、頭の中は白紙

ところが語りだしたら、次々語るべき言葉・・というか、主の思いがあふれてきて

私自身が語りながら、主がともにおられるという深い確信と

迫るような愛に感動を覚え、心が震えながら、それを語る喜びに満たされていた。


 
 

語るということが私にとってここ最近、とても怖い。

 自分の無力さを知れば知るほど、怖さを覚える。

 できることなら、逃げていたいと思うことがある。

  もちろんそれだけではなく、体調の面でもそう

 今回のように、だるさを覚えることもたびたびある。

 昨日教会に向かう途中の車の中で、もう司会は休もうか・・とも考えていた。

 教会へ毎週行くことは、実は私にとって、教会のすぐそばに住む一人暮らしの父のところへ行くためでもある

 でも昨日のことを通して、もうあれこれと考えることはやめようと思った。

 私が弱いときにこそ、主は強い

 どんな場合の中でも十字架を経験する恵みはあふれている

 弱さの中にいるとき、とても主は近い。

 ハレルヤ!

 

 

 




| | 06:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:20 | - | - |
コメント
主はすばらしいね!
同じように感じ合える姉妹にも感謝です

今日、あきらを主に渡してきました
アブラハムがイサクをいけにえのため山に連れて行ったように
不安は消え、心は落ち付いています
「御心がなされますように」

マルク無事終了したよ
明日は胃カメラ。子供にはとてもつらい検査です
続いてお祈りお願いします
| yo-ko | 2009/12/14 10:00 PM |

yu-koちゃんへ

マルク、無事に終了したとのこと、つらかったね・・

>今日、あきらを主に渡してきました
アブラハムがイサクをいけにえのため山に連れて行ったように
不安は消え、心は落ち付いています
「御心がなされますように」

深く深く、アーメンです。

涙があふれてきました。言葉では言いあらわせない深い信仰に触れ、胸がいっぱいです。

その決断の中に主がともにおられる

ただ、ただ主をあがめます。


胃カメラ、守られますように。少しでも楽であるようにと、医師の手を聖め、主が導いてくださるように祈ります。

栄光がただ主にありますように。

すでに私たちの祈りを聞いてくださった主を、心からたたえます。
| candy | 2009/12/14 10:38 PM |

>>私が弱いときにこそ、主は強い
どんな場合の中でも十字架を経験する恵みはあふれている
弱さの中にいるとき、とても主は近い。

証、感謝です。主はどんな時にもいてくださる事を確信しますね。Candyさんが司会されているその場に居たかったです。主の強さに頼ることを知る人は何と幸いな事でしょう。
| Liberty Blue | 2009/12/15 6:42 AM |

Liberty Blueさんへ

感謝いたします。ともに礼拝をささげることができたらどんなに素晴らしいでしょう

十字架にとどまる恵み、その甘さを知ることは深い喜びですね

その喜びをともに分かち合うことでさらに増し加えられる喜び。兄弟姉妹の存在をお与えくださった主に感謝いたします
| candy | 2009/12/15 10:29 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/128
トラックバック