SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
何事にも


 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。

生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。


 殺すのに時があり、いやすのに時がある。くずすのに時があり、建てるのに時がある。


泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。


石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。


捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。


引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。


愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、和睦するのに時がある。」


  聖書 伝道者の書 3章1〜

    
  何事にも定まった時がある

  苦しみにも時があり

  喜びに与ることも。


  また静まるにも時があり

  動き出すことも

  時がある

  細き御声を
  
  今日も聞くことができますように・・。

| 御言葉 | 18:11 | comments(7) | trackbacks(0) |
詩篇51
 
  
神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。

どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。


まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。


私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行ないました。それゆえ、あなたが宣告されるとき、あなたは正しく、さばかれるとき、あなたはきよくあられます。


ああ、私は咎ある者として生まれ、罪ある者として母は私をみごもりました。


ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてください。


ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。


私に、楽しみと喜びを、聞かせてください。そうすれば、あなたがお砕きになった骨が、喜ぶことでしょう。

御顔を私の罪から隠し、私の咎をことごとく、ぬぐい去ってください。


神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。


私をあなたの御前から、投げ捨てず、あなたの聖霊を、私から取り去らないでください。

あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。


私は、そむく者たちに、あなたの道を教えましょう。そうすれば、罪人は、あなたのもとに帰りましょう。


神よ。私の救いの神よ。血の罪から私を救い出してください。そうすれば、私の舌は、あなたの義を、高らかに歌うでしょう。


主よ。私のくちびるを開いてください。そうすれば、私の口は、あなたの誉れを告げるでしょう。
 

たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。


神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。


どうか、ご恩寵により、シオンにいつくしみを施し、エルサレムの城壁を築いてください。


そのとき、あなたは、全焼のいけにえと全焼のささげ物との、義のいけにえを喜ばれるでしょう。そのとき、彼らは、雄の子牛をあなたの祭壇にささげましょう。

 
| 御言葉 | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
御言葉
「・・・私たちを愛してくださる方のゆえに、これらすべてにおいて 勝利してなお余りがある」 ローマ8:37


という御言葉が心に響く


アーメン!


ちょいとお疲れ気味なので


今日は御言葉だけ伝えたくて^^


明日は検査、ファイト!!


皆様、今年もよろしくお願いします!

| 御言葉 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
死者たちを起こされる神にこそ信頼をおく者に
兄弟たちよ、私はあなたがたが、アシア〔州〕において起こった私たちの患難について、無知でいてほしくない。なぜならば、私たちは〔自分たちの〕力を越えて極度に圧迫され、その結果、私たちは生きることをさえ断念した〔ほどだった〕からである。

実際、私たちは自分自身への死の宣告を受けたのである。それは私たちが、自分自身にではなくて、むしろ死者たちを起こされる神に〔こそ〕信頼をおく者となるためであった。

その神は、このように甚しい死〔の危険〕から私たちを救って下さったのであり、また〔今後も〕救って下さるであろう。私たちはその神に希望をおいているのである、[すなわち]〔その神は〕なおも救って下さるであろう、と。

〔その際〕あなたがたも、私たちのために、祈りにおいて共に働いてくれるのだ。

それは、多くの人たちから〔与えられた〕私たちへの恵み〔のゆえに〕、多くの人たちによって、私たちのために感謝が捧げられるためである。]

         コリント第二1:8〜

| 御言葉 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
御言葉
 「ほむべきかな。日々、私たちのために、

 重荷をになわれる主

 私たちの救いであられる神。

 神は私たちにとって救いの神。

 死を免れるのは、私の主 神による。」

 詩篇68:19〜

  
 御言葉が心に流れ、愛おしく感じます。

 御言葉を読むということ

 それは、いのちに触れること

 そのいのちによって 今日も生かされている


      

   お隣の畑に咲いていたお花。なんていうお花かしら?

ものすごく背が高くて、168センチの私が見上げるところに咲いています。

  今日は 青空がとても気持ちいい朝です
| 御言葉 | 10:07 | comments(7) | trackbacks(0) |
キリストを得、彼のうちに見出されるため
 [しかし]私にとって益であったものすべてを、〔然り〕それらを、私はキリストのゆえに損失と思うようになってしまっている。

否、そればかりか、私は私の主キリスト・イエスについての知識の卓越したすばらしさのゆえに、すべてのものを損失であるとさえ思っている。そのキリストのゆえに、私はすべてを失った。そして私は、〔それらを〕屑と思っている。

それは、私がキリストを得、彼のうちに見いだされるためである


〔その際、〕私は律法による私の義を与えられているのではなくむしろキリストヘの信仰による義、信仰に基づく神からの義を与えられているのである。

それはキリストを、そして彼の甦りの力を知り、そして彼の死と同じ形にされながら、彼の[それらの]苦難に参与する〔すべ〕を知るためである。

こうして〕なんとかして死人たち〔の中〕からの甦りに私は到達したいのである

 ピリピ 3:7−11


異邦人は福音によって、キリスト・イエスにおいて、〔私たちと〕共同の相続人であり、〔私たちと〕同じ体に属する者であり、〔私たちと〕共に約束に与る者である〔と啓示されたのである〕。

私は、神の力の働きに従って私に与えられた神の恵み〔、この恵み〕の贈物に従い、この福音の奉仕者になった。

すべての聖なる者の内で最も小さき者である私に、この恵みが与えられたのである、異邦人に計り知れないキリストの豊かさを宣べ伝え、

永遠の昔から、万物を創造した神の内に隠され続けて来た〔キリストの〕奥義の計らいがどのようなものであるかを光の下に導き出す〔という恵みが〕。

多様な〔働きをなす〕神の知恵が、

キリスト・イエス、私たちの主において〔神が〕立てた永遠の昔〔から〕の計画に従い、

今〔という時期〕に至って、教会を通し天上〔の領域〕における支配や権勢に告知されるためである。

この方において私たちは、キリスト・イエス〔へ〕の信仰を通して、〔神への〕信頼に満ちた自由な心情および歩み寄りを得ている。

だから、あなたがたのための、私の〔今受けている〕抑圧のゆえに萎縮しないよう願っている。これはあなたがたの栄光である。


このような理由で、私は父に向かって私の両膝を折り、

 ――この父(パテール)から天の、そして地上のすべて種族(パトリア)はその名を受けている ――

〔父が〕その栄光の豊かさに呼応するように〔以下のものを恵みとして〕あなたがたに与えて下さるようにと〔祈る〕。〔あなたがたが〕神の霊を通し内なる人として力を強められ、

信仰を通してあなたがたの心の中にキリストを住まわせ、愛に根ざし基礎づけられることを。

〔それは〕あなたがたが十全な強靭さを得て、〔キリストの奥義の〕幅、長さ、高さ、深さがどれほどであるかをすべての聖なる者たちと共に把捉し、

〔人〕知を越えたキリストの愛を知って、神の全き充満へと満たされるために〔である〕。私たちが願ったり、あるいは思ったりすることのすべてをはるかに越えて、

 私たちの内に働くその力により、より多くを行なうことのできる方に、

この方に栄光が教会において、そしてキリスト・イエスにおいて、世々限りなくあらゆる世代にわたって〔あるように〕。アーメン。

 

   エペソ3:6〜




キリストの体の構築



 だから私、主にある囚人は勧める、あなたがたはあなたがたが召されたその召しにふさわしく歩み、

全き謙譲さと柔和さをもって、鷹揚さをもって、愛にあってお互い相手〔の無礼〕を我慢し、

平和の紐帯(ちゅうたい)をもって霊の一体性を維持し続けるよう努力しなさい。

一つの体、そして一つの霊。あなたがたがまた、あなたがたの召し〔に基づくところ〕の一つの希望へと召されたのと同じように。

一人の主、一つの信仰、一つの洗礼、

唯一の神にしてすべてのものの父〔であり〕、

すべてのものの上に、すべてのものを貫いて、そしてすべてのものの内にいる方。

私たちの一人一人にはキリストの贈物に応じて〔異なった〕恵みが与えられている。

それゆえに、〔以下のように〕言われている。

彼は高い所に昇った際、揃虜を捕らえ

人々に贈物を与えた

この「彼は昇った」は、彼が地のより低いところへも降ったということ以外に何を意味しようか。

この降った方自身、万物を満たすためにあらゆる天よりもさらに高く昇つた方でもある。

そしてこの方自らが使徒を、預言者を、福音宣教者を、牧者と教師を与えた。

奉仕の働きのため、キリストの体の構築のため聖なる人々を〔霊的に〕装備するという目的で〔与えたのである〕。

〔このキリストの体の構築は、最終的に〕私たち皆が信仰の一体性に、そして神の子の認識の〔一体性〕に、完全な人に、キリストの充満の〔持つ〕規模に到達し、

もはや未成年者ではなく、人間たちの賽子(さいころ)遊びまがいの、〔人を〕欺き惑わすだけの好計じみた教えの〔送り出す〕どのような風にも〔挑発されて〕荒波立てたり振り回されたりすることなく

愛にあって真理を語り、あらゆる点でこの方、すなわち頭、キリストに向かって成長を遂げるまで〔続く〕。

体全体は〔頭である〕この方の側から、〔それを〕支えるためのあらゆる関節を通じて〔部分部分〕相互に接合され一つに結び合わされ、各々の部分に即した働きに応じて愛にあるそれ自身の構築へと体の成長を押し進めてゆくのである。

  エペソ4:1〜


   アーメン、アーメン

 おことばとおり、主にある兄弟姉妹の上になされますように!

 

| 御言葉 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
神の子に信頼して歩みを起こしつつ

 
  「律法に頼っていたわたしは、
神に対して生きる者となるために、
律法に対しては死んだものとなりました。
わたしはキリストと共に十字架につけられたからです。

 わたしは生きています。
しかし、それはもはやわたしではなく、
わたしと一体となってくださった
キリストが生きておられるのです。

 感覚の人として、
今わたしが生きているということは、
神の子に信頼して歩みを起こしつつ
生きてるということです。」
   

ガラテヤ2:19,20

 
本田哲郎訳

| 御言葉 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |