SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
熱中症
 今週火曜日、大ちゃんが、仕事終了直後、詰め所で倒れてしまった・・・

溶解炉といっても実はすべて流れ作業。

その前の工程の人が異常に?作業が早く、大ちゃんは一日中、休む暇なく動き続けなければならないほど

酷な状況になってしまった。

その日は、過去最高の出来高になったほど、仕事が進んだ。

会社側とすればよい結果なので、早いに越したことはないが、

今まで休みながら出来た溶解炉の仕事が、そうでなくなってしまったということだ。

普通の人よりも多く汗をかく大ちゃんは、30分もしないうちに、体中の汗が噴出し

水分補給が追いつかない状況だと話してくれた。

三時間もすれば頭の中はボーっとして、腕の自由が効かなくなり、

先日はそのために首筋に火傷を負って帰ってきた


火曜日は、詰め所に入るなり目が回って立っていられなくなって、倒れてしまったらしい

よく頑張ったな・・と班長さんがほめてくれたらしいが・・・・

氷で冷やす処置をしていただいて、何とか帰宅

次の日は、溶解炉の仕事から外していただけたようだが

熱中症によるその後の体のダメージで

食欲はなく、今朝も胸の苦しさを訴えていたので、

無理せず休みなさい、という私たちの勧めも聞かず、出勤していった。

今日は溶解炉の仕事と聞いた。

倒れた日よりもさらにコンデションがよくない状況での溶解炉の作業は危険すぎる。

我慢強すぎる息子はおそらく倒れるまで仕事を断ることはしないだろうと、

 見るに見かねた主人が、会社に連絡をするようにといってくれた。

猛暑が続くのはこれから。

ひと夏を超えることの厳しさを感じる


  主よ、今日も息子をお守りください・・・。


 
 
 

 

| 祈り | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたはわが神、わが主
 

ダビデの賛歌

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。

あなたが私とともにおられますから。

あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。

まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう


 「わが神、わが主よ」・・と呼ぶ、その幸いを深く、深く心に思う。

 主は確かに、敵の前で食事をととのえ・・て、力づけて下さるお方

 義の道に導いてくださることが

 すべてがこの一点、ご自身の「御名のため」に。

 ご自身にかけて誓われていることがどんなに素晴らしい恵みであることでしょう。

 
 人生において起こりうる出来事すべての

 初め(最初)であられ、また終わり(最後)となってくださった

 「わたしはアルファであり、オメガである。

最初であり、最後である。初めであり、終わりである。」

 あぁ、神が始められたのなら、誰がそれを押しとどめることができましょう。

 また、神がはじめられないのに、誰がはじめるというのでしょう。

 すべての物事の始まりが神にあってなされ、

 一切の終わりとなられるお方がすべてを導き完成してくださる。

 「いと高き所に、神に、栄光があるように」

 と・・捧げる祈りが、私の分です

 
  すべての出来事のただ中で

 ただ主に目を注がせてくださるあなたの愛の引力は

 どんなものよりも、どんな事柄、どんな状況よりも勝ります

 あなたの愛から引き離すものは何もないからです。
 

 
  

 
 
 
 
 

| 祈り | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
祈り
 心を込めて主の御顔をあがめます。わがたましいはあなたとともに、そして愛する姉妹とともにいます。

あなたの御名があがめられますように!あなたの御名の栄光が称えられますように!

どうぞ、イエスが主であると、まことをもって告白される事を通して、父なる神が褒め称えられますように!

主よ、

もはや私ではなく、キリスト、というお言葉は、なんと甘いことでしょう。

なんという解放をもたらすおことばでしょう

その真理の中へ実際に連れて行ってくださる、そのお心に、ただ伏するばかりです

私は弱いけれども、強い、とキリストのあってそのように告白することが出来る、

主よ!ハレルヤ!です、喜びです!

何処までも自分自身を義としようと、幾度も肉のあがきはゾンビのようによみがえって

そこにあるかのように訴えかけてきますが、

それらを否み、お言葉こそ真理、真実であり、拠って立つ足場であると告白いたします!

ただ主を崇め、御国の支配があなたを愛する人々に豊かにありますように!


 イエスの御名を高らかに崇め、み顔を慕いつつ 祈ります。

 
| 祈り | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
友人の手術

今年の1月、私が乳がんの手術を受けた同じ日に、脳外科で手術を受けられ、同室になった方と交わりが続いている。

その方は透析の看護士さん。

お互い一番辛い時を同じ病室で共に過ごし、いろんな事を入院中に分かち合った。苦しみの中で神が備えてくださった大切な友人だ。

その方が、6日再び手術を受けられることになった。今度は違う病気で受けられるのだが、

腫瘍を取り除く手術。イエス様の御名を伝え、祈った。

主が最善をしてくださいますように。。。。


何よりも、イエス様を知ることができますようにと深く願っている。



イエスを伝えるということにおいて、

もはや、肉の力、人間的な説得力によらず

ただいのちによって、神の力によって友が主を知ることができますように

主を伝えることにおいて、私自身、無に等しい者であり、何の力も無い者である事を顧みてくださいますように。

それでも、ただ、イエスというお方を伝えたいのです。

どんなに私が不真実で、どうしようもない者でも、

主は真実な方!憐れみと恵みに満たすまことの神であられるゆえに!

この方がともにいてくださることの素晴らしさを伝えたい

いのちの主が、友人の目を開いてくださり、

主を知ることができますように!!



 












| 祈り | 22:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
祈り
「 もはや私が生きているのではなく、

キリストが私の中で生きている」

このお言葉のゆえに まことのいのちにある自由を

お与えくださった主を心からあがめます。


一足一足、主にすがること

それはあなたの深い恵みによります

自らの内に何もないことを御光によって

知らせてくださり

さらに

幾たびもの試練を通して、

「わしが巣の雛を呼び覚まし、

その雛の上を舞いかけり

翼を広げてこれを取り、

羽に載せて行くように

ただ、主だけでこれを導」(申命記32:11〜)いて

慈しみのまなざしの内に訓練し、

ただ、あなただけを待ち望む者としてくださることは


なんという祝福でしょう。


憐れみに満ちた神、我が主よ、

あなたに、ただあなただけに、日々拠り頼み

全く服することを どうぞ、

今日もこの身に教えてくださいますように


| 祈り | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
驚き怪しんで
 
あまりにも慈しみと恵みが追ってくるので、驚き怪しんでしまう

あまりのも注がれる恵みの大きさに、受け止めきれない小さな自分がいる

主の血潮を賛美しながら御前に近づき、ただ主のゆえに受け入れられていることの喜びが

溢れかえる!

主の栄光宮に〜と賛美していると

聖霊が内に住まわれていることの恵みが私のすべてを包む

あぁ、主がともにおられる・・・

このどうしようもない私の中に、尊い主が住まわれている

なんと聖いお方であろうか。。。


そして、同時に、強烈な違和感が私の中にある。

聖い主がおられる私の体の中に、癌があるということへの強烈な違和感だ。

いのちとのろいが同居しているなど、とんでもないこと

ただ主イエスの名によって去るように命じた



主のいつくしみ深いまなざしの前に、

あまりにも小さな自分がいる

主よ、あなたの恵みはとてもとても大きいのに、それを受け止めきれない愚かな私がいます。

そう祈ると主の小さき御声が内側から響いた

「あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう。」
 

語られたお言葉とおり、この身になりますように・・・。
| 祈り | 08:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
祈り

「主よ。私はあなたをあがめます。

あなたが私を引き上げ

私の敵を喜ばせることはされなかったからです。

私の神、主よ、

私があなたに叫び求めると

あなたは私を癒されました。

主よ、あなたはわたしのたましいをよみから引き上げ

私が穴に下って行かないように

私を生かしておかれました。


聖徒たちよ。主をほめ歌え

その聖なる御名に感謝せよ

まことに、御怒りはつかの間

いのちは恩寵の内にある。

夕暮れには涙が宿っても

朝明けには喜びの叫びがある。」

   詩篇30:1〜


 
    主の御名を褒め称えます

 私はあなたの御名の栄光を仰ぎます

 あなたが私と共にいてくださることが
 
 私の力

 あなたの御顔の輝きの内に

 私のたましいは安らいでいます

 大いなる岩の陰に身を寄せ

 あなたの懐の内に憩います

 敵が容赦なく襲う時も

 あなたは私の盾、

 闇が私を引き込もうと待ち構える時でさえ

 あなたが私の手を握っていてくださいます。

 私は私の愚かさを恥じ入りますが

 あなたの恵みははるかにまさっていることを

 心から感謝いたします。

 あなたは私を一人に捨て置かず、

 兄弟姉妹を通してさらに

 あなたがともにおられることを見るのです。

 私は何ゆえにこれほどまでにあなたの愛を受ける者とされているのでしょう

 起こってくる出来事の中で

 あなたの優しいまなざしの中に置かれています

 何もかも吹っ飛びそうなことですのに

 あなたの愛は決してわたしから離れず

 あなたの方から,御手を伸ばし私を捉えてくださいます

 あなたの憐れみは海よりも深く、天よりも高い

 すべてのことはあなたの憐れみを受ける、そのことのために

 あなたが備えてくださったこと

 あぁ、どうぞ、私のうちを豊かに広げ

 人知を超えたあなたの大きさを知ることができますように

 主よ   あぁ  主よ

 私の神 私の主

 私の思いは、あなたにのみ注ぎ、あなたを待ち望みます

 静かに、あなたを待ち望みます

 どうぞ、静けさの中で語ってください

 心から、あなたのお言葉を待ち望みます

 私を養い生かす真の言葉

 いのちの言葉を慕い求めます


 
  
あなたの栄光があがめられますように

たとい死の影の谷を歩むことがあっても

すべてのことが益とされ

あなたの御名が多くの人々によって称えられますように!

あなたの栄光がたたえられますように

 あなたが愛してくださったので、心から私はあなたを愛します

 あなたがお与えくださった多くの兄弟姉妹とともに

 あなたの素晴らしさを心行くまで褒め称えさせてくださいますように !

 主イエスキリストの御名によって祈ります

   アーメン  

   

| 祈り | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
目を向ける

 


私は目を向ける

私の罪深さよりも

はるかに大きな恵みに満ちたお方に


私を緑の牧場に伏させ

憩いの水のほとりに伴ってくださる方に


私は目を向ける

私を、死からいのちへと移し

信仰から信仰へと導いて下さるお方に


私は目を向ける

死の影を歩く時ですら

私を背負って下さるお方に


私は目を向ける

すべてのことがあなたによって導かれ

主権の中に守ってくださるお方に


私は目を向ける

どんな所に置かれても

深い慰めに満たしてくださるお方に


私は目を向ける

私のために食事をととのえ

油で満たしてくださるお方に


私は目を向ける

私の必要の一切をご自身の栄光の富にしたがって
豊かに満たしてくださるお方に


私は目を向ける

生きる限り

慈しみと恵みとで被って下さるお方に

私は目を向けます


私のたましいは

あなたの内に安らぎ

あなたのみ前に座ります

赤子が母の姿を目で追うように

今はただ、主よ、あなたを慕い求めます

あなたは私の受ける分だからです。


主よ、あなたは私を

喜びと賛美で満たし、感謝で溢れさせてくださいます

私のうちを豊かに広げ

私の内にゆとりを与えてくださいました。

あなたのいのちにある、静けさの内に安らぎ、

あなたの御顔を仰ぎ

心地よい父の懐に座わらされているかのようです


ただあなたがしてくださることを

へりくだってお受けすることができる者として下さい

私のすべてを降ろします

あなたがすべてのすべてとなられるために

私の主 私の神

私はあなたを礼拝いたします





| 祈り | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
御体に流れるいのちがあらゆる器官に流れてゆきますように
 神の慈しみと恵みは、本当に小さないのちの内に、心貧しく、砕かれたたましいの内に

豊かに現される

神の御手のわざは、清らかな流れのように、低くされたいのちの中に、深い慰めを伴って流れてゆく



ここ最近、ブログでは書くことができないような神の憐れみに触れることが多くなった。

兄弟姉妹のうちに幕屋を張られたお方は、兄弟姉妹のうちにご自身のいのちを現してくださる。

体の部分部分は独立して生きることはできない。

そう、ほんの一瞬でもである。



透析患者になって、そこから教えられることがいくつもある

腎臓が機能していないことから来る弊害は一つだけではない。免疫力の低下による感染症や癌になる確率は非常に高い。

腎臓は血液が造られるための大切な臓器でもあるので、つねに貧血改善の薬の投与を受けていなければ、見る見るうちに貧血になる。

本来、人間の体にとってよいものであるはずの栄養素が、尿として排出されなくなると、体のあちこちを攻撃するものとなる。

いのちの根源である血液の中に、よいものであるはずの栄養素が毒素となってあふれ出し、心臓を止めてしまったり、血管を傷つけ、動脈硬化を起こすのである。

動脈硬化は知らないうちに進んで行き、血液の流れを阻害してゆく。

やがて太い血管が詰まりだすと、そこから先の体の部分にいのちである血液が流れなくなり、壊疽を起こし、切断にまで追い込まれるケースがある。

糖尿などの病気を併せ持っていると、さらに厄介なことが多い。

怪我をするといつまでも治らないばかりか、

ある方は、かかとのひび割れが原因で、壊疽に。切断を余儀なくされた。

またある方は、畑仕事の土で、小さな傷口から感染し、両足を切断することになった。


怖い話ばかりだけど、体にとって、その部分部分が生かされるのに、いのちの流れ、それも清らかな流れは絶えず流れることがどれほどに必要なことかと思わされるのである。

弱っている、傷ついている部分には、なおのことである。

罪が入ることによって、御体を傷つけたり、霊的な動脈硬化は至るところで起きている。

罪が入るといっても、クリスチャンはあからさまに罪だとわかるような罪を犯すことはまずない。

ところが、知らず知らずに罪を重ねることがある。

兄弟姉妹に対して無関心(傍観者)であることや、御霊の導き(小さき主のみ声)に対して心を閉ざすこと
心かたくなにすること、偽ること(自分の本当の姿、ありのままの姿に対して)

それらは霊的な動脈硬化を起こす因子そのものである。


体の動脈硬化が進まないようにするには、進行させる要因、危険因子を排除してゆかなければならないのと同じように、文字通り、捨てていかなければならない。



 「ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。私たちは体の一部分として、互いにそれぞれのものだからです。」

                 エペソ4:25

 
 頭なるキリストにしっかりと結ばれ、主のいのちが兄弟姉妹の間を自由に流れ、行きめぐる事を通して、キリストの体が真に建て上げられてゆきますように!








| 祈り | 07:25 | comments(6) | trackbacks(0) |
祈るために十字架に
今新幹線の中です。
E姉妹の所へ向かっています。

共に礼拝を捧げたいと願っています。

共に祈る、そのために祈るたび、涙が溢れてなりません。

マザーテレサの言葉は深く私を捉えました。

キリストと一つに。

あぁ、祈るということのためにも十字架にとどまればいいのですね。

祈る言葉さえ見つからない弱さの中に
内におられるキリストにまかせきればいいのですね。

わたしが語ることができないとき
キリストが語ってくださる

わたしが祈れないそのとき
キリストが祈ります
弱さの内に満ち満ちたキリストのいのちが溢れ出る

主よ、すべてを明け渡します

ただ御名があがめられますように!
| 祈り | 12:17 | comments(9) | trackbacks(0) |